海外旅行でのデビッドカードの使い方は?

海外旅行でのデビットカードの使い方ですが、大きく分けると2つになるでしょう。一つは買い物の際の支払いです。クレジットカードと同じように、デビットカードおすすめ加盟店にはその旨のステッカーなどが貼られているはずです。そのようなお店では買い物の際の支払いに使うことができます。使い方も簡単で、カードを渡してサインをするか暗証番号を入力するだけで、これはクレジットカードと全く同じです。
当然ながらカードの裏には自分のサインをしっかりとしておきましょう。サインのないカードは、万一盗難にあって不正使用されたようなときに損害が補償されません。また、お店によってはサインではなく暗証番号を求められることがありますので、暗証番号を覚えておく必要があります。当然ながら預金残高が無くなってしまってはそれ以上使えなくなりますから、旅行前に残高を確認しておくのを忘れないようにしましょう。
海外旅行でのデビットカードのもう一つの使い方は、現地のATMでお金を引き出すことです。もちろん現地通貨で引き出すことができますし、引き出す元は当然ながら自分の銀行口座です。この方法は、海外旅行中に現地通貨が必要になったときに非常に効率がよいと言えます。というのも、自分の口座から引き出すのですからキャッシングではなく、金利はかかりません。また銀行窓口などで両替することと比較すれば、両替手数料もはるかに安くなっていることが特徴です。